転職をするときにどのようなことをすれば、有利に転職活動を進めることができるのかをいくつか紹介したいと思います。

 

 転職で重要なことは履歴書です。企業は面接を行う前に履歴書で、入社しようとする人はどのような人でどのようなことを今まで行ってきたのかをチェックして、企業に必要な人なのかを判断します。そのため、履歴書で自己アピールを行っていく必要があります。

 

 履歴書で書いておきたいことは、自分の強みです。しかし、漠然とした強みではいけません。例えば、今まで一生懸命働いてきましたと言われても、それはあくまで主観的な強みですから、人事の目を引くことは難しいでしょう。特に技術を求められる業種ではプラスにはなりません。客観的に見ても強みがわかるように、今まで行ってきたプロジェクトを書いてみたり、数字にして表してみるなど定量的にわかるように心がけましょう。

 

 自己アピールをするにあたって謙虚な人は、あまり自分の良さを全面的に言いづらいと思うかもしれませんが、転職活動にあたってその考えはマイナスです。日本人は謙虚さが良いとされていますが、謙虚すぎるとアピールするところがないのかと思われる可能性もありますから、転職活動ではあまり謙虚にならずにアピールしていきましょう。

 

【Pick Up】
30歳で挑む転職
30歳の転職で知っておきたいポイントとは?

 

千葉職業能力開発促進センター(ポリテクセンター千葉)

 

 転職を有利にする第一歩は履歴書です。履歴書を書くときは、丁寧に内容を考えて記していきましょう。