空いていると損をする

 

 履歴書の欄には色々なことを記載することができます。その中でも重要とされているのが資格欄です。どのような資格を持っているのか、またどれくらい前に取得しているのかをチェックすることが出来て、企業側にとってはこの人がどのような仕事が出来るか判断する部分となっています。

 

 この欄に空いている部分が存在していると、企業側は資格が少ないなと判断すると同時に、この人は資格を取ろうとする意欲が無いのかなと思ってしまうのです。そのため空いていると損をすることが多くなり、採用される確率は減ってしまいます。

 

何でもいいから埋めておく

 

 資格欄には試験に合格したという部分を記載してもいいことになっているので、何かの検定に合格した情報を一気に記載しておくといいです。こうして資格欄を全て埋めてしまえば、この人は色々なことに挑戦しているなと判断されるようになります。

 

 ニートやフリーターのように、正社員としての仕事をしていないのであれば、このような資格を埋めておかないと不利になります。やる気を持っていることを証明するためにも、資格欄だけはしっかりと埋めておくことが望ましいでしょう。埋められるほど持っていないのであれば、今からでも何か取得した方がいいと思います。