フリーターで就職活動をしている人は正社員を目指してるケースが多いと思います。その場合、フリーターでの就労経験をどうやってアピールするかに頭を悩ませるかと思いますが、案外使える事例は多くあります。というのも、最近はフリーターにも責任のある業務を任せるケースが増えているからです。例えば新人教育やグループリーダーを任された経験、クレーム処理を担当した経験などは正社員就職に活かせる経験です。そこで何を学びどのように工夫したのかを具体的にアピールすることで、実際に正社員に就職出来た事例は多くあるのです。

 

 個人的には本来は正社員が行うべき業務をフリーターにさせることには疑問を感じますが、働いてる側からすればいい経験が積めてステップアップにも活かされるので一概に問題とまでは言えないのかもしれません。さらにもう一つ重要な点は、なぜフリーターで過ごして来たのかという質問への対応です。当然ながら「正社員は難しそうだから諦めた」とか「責任ある仕事はやりたくない」といったような理由は嫌われます。過去は過去として「正社員の仕事ぶりを見てやる気が変わった」「もっと幅広い業務を任せられるように成長したい」といった先を見据えた意欲を伝えることが肝心です。