学校を卒業してすぐに就職せずに、無職期間を過ごす若者が最近増え始めているといわれています。このような卒業後に就職をせずに無職期間を過ごしている、いわゆるニートたちにとっては親の金で生活ができているうちは良いのですが、そのような生活がいつまでも成り立つという保証はありません。そう言ったニートたちの就職活動において重要なポイントとしては、危機感を持つということが何よりも効果のある就職活動の原動力となります。

 

 目の前の現実から逃避せずに、今の生活がいつ終わってもおかしくないという現実を常に受け止めていくことによって、就職活動にも力が入っていくのです。しかし精神論だけではただでさえ不利なニートの就職活動を成功させることは難しいのも事実なので、より実践的なアドバイスとしては、まず最初にいきなり就職活動を行い大企業の正社員の求人に応募するという無謀なことはせずに、最初は社会との接点を少しづつ広げていきながら、短時間のアルバイトの求人に応募するなどして徐々にハードルを上げていくことが、将来に向けての真っ当な社会生活を営むためのリハビリにもなるでしょう。アルバイトなどで社会経験を少しでも積んでいけば、正社員への雇用も夢ではなくなるのです。